健康を呼び込むために、ちょっぴり役立つプチ情報を紹介しています

りんご病に大人がなった場合の注意点の口コミです

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

よく知られているのが、男性が思春期以降に「おたふく風邪」(流行性耳下腺炎)に罹ると、精巣炎により不妊症になってしまういうものだが、りんご病の場合も大人の方が症状が重いのだ。

りんご病はこのように、大人にとっては厄介なことになる感染症だが、その原因となるのは「ヒトバルボウイルスb19」というウイルスだ。
上記の理由から、りんご病は子供に多い印象を受けるのはうなずける。
妊婦がりんご病に罹ると、胎児にも胎盤を介して感染してしまい、胎児水腫や心不全になってしまうことが稀にあるそうだ。
子供の場合、通常は熱は出ないが、大人がりんご病に罹ると高熱が出るそうだ。
りんご病に関わらず子供が罹る感染症は、子供の時に罹っておいた方が良いということなのかもしれない。
感染経路は飛沫感染なので、りんご病は学校や幼稚園・保育園などの集団生活のなかでの感染が多いのだ。
気をつけたいのは妊婦のりんご病だ。
りんご病は目に見える症状が出てきたときには、人には移らないので学校や幼稚園・保育園に普通に言っていいのであるから誤解の無いようにしていただきたい。
特に妊娠初期・中期のりんご病には気をつけていただきたい。
また大人の場合、高熱と共に関節痛や筋肉痛、頭痛などの症状が出てしまうようなので、りんご病といっても侮れないのだ。
国内で年間にりんご病に罹る大人の数はどのくらいなのだろうか。
私も子供を持つ親だがりんご病に関わらず、子供が感染する病気の多さには驚かされる。
ある日自分の子供が、熱もないのにほっぺたが鮮やかに真っ赤になっていたらりんご病を疑って良いだろう。
子供の場合、りんご病に罹っても熱が出るわけでもなく、ケロリとしているので返って親の方が慌ててしまう。

カテゴリ: プチレア情報