健康を呼び込むために、ちょっぴり役立つプチ情報を紹介しています

りんご病の症状と対策の裏技です

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

症状が頬(ほっぺた)がリンゴのように赤くなるのでこう呼ばれているが、りんご病は小さなお子様をお持ちの方なら一度は耳にしたことがあると思う。

りんご病をはじめとして、麻疹(はしか)や水疱瘡、溶血性連鎖球菌(溶連菌)感染症や「おたふく風邪」など、子供が罹りやすい感染症は多い。
紅斑ができる以外は特に熱が出るわけでもなく、当の本人は平然としているので、親御さんは肩すかしを食らうようだ。
対策としては子供の場合、自然治癒していくのでりんご病といってもあまり慌てることはないだろう。
一応心配なので、病院には行ったが特に薬を処方されるでもなく、その内に紅斑が消え、りんご病は治っていた。

りんご病の正式名称は「伝染性紅斑」であるが、一般的にはその症状からりんご病で通用するし、お医者さんも使っている名称だ。
はじめは「どうしてこんなにほっぺが真っ赤なんだ?」と思ったが、保育園でりんご病の園児が数人出ていたので納得したのである。
子供を育てていると色々な伝染性疾患の名前を覚えるが 、りんご病もその中の一つで、我が家の子供たちもしっかり罹った。
このように子供のりんご病は自然に治ってゆくので、ことさらに心配する必要は無いと思われる。
病気サイトや感染症の口コミ情報などで、りんご病など子供特有の病気を検索すれば予備知識を得られるだろう。
りんご病などの感染症は、子供が学校や幼稚園・保育園に入って集団生活をしている以上、避けては通れないだろう。
なので、できれば早い段階でりんご病をはじめ、一通りの感染症を経験してしまえば安心ということもできる。 
子供が罹りやすい感染症の中には、溶連菌感染症のように何度も罹ってしまうものもあれば、一度罹れば免疫ができて二度と罹らない種類もある。
子供のりんご病の場合は、重篤な症状はほとんど出ないので、そう心配することはないだろう。
最近ではインターネットでりんご病や感染症に関しての情報を手軽に入手できる。
りんご病はまず顔に小さな赤い発疹が出てきて、痒みが伴うのが特徴で、子供特有の疾患のように思われているが大人もまれに感染する。

カテゴリ: プチレア情報