健康を呼び込むために、ちょっぴり役立つプチ情報を紹介しています

りんご病とは

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?
りんご病とは、正式名称「伝染性紅斑」と言い、頬(ほっぺた)がリンゴのように赤くなるのでこう呼ばれている。
りんご病は子供特有の疾患のように思うが、大人も感染する。
面白いのは、りんご病に罹ったときの症状が、大人と子供ではかなり違うと言うことだろう。
りんご病に関しての情報を入手したいときは、インターネットによる情報が便利だろう。
子供の場合りんご病に罹っても、紅斑ができる以外は特に熱が出るわけでもなく、自然治癒していくが、大人の場合はりんご病に伴う症状が多岐にわたるようだ。
りんご病の診断は症状が出るまでは、ほとんど不可能であるらしい。
大人がりんご病に罹ると、発熱・頭痛・関節痛・筋肉痛などの症状が現れる。
一応病院には行ったが、特に薬を処方されるでもなく、その内にりんご病は治ってしまった。
子供のりんご病は予防法はないが、罹っても治療するまでもなく自然に治ってゆくのが普通で、ことさらに心配する必要は無いと思われる。

りんご病をはじめ、とくに子供が罹りやすい感染症は多く、水疱瘡や麻疹(はしか)、おたふく風邪や溶血性連鎖球菌(溶連菌)感染症などが頭に浮かぶ。
りんご病など子供特有の病気を網羅している家庭の医学サイトや、感染症の口コミ情報などは、見るだけでも勉強になるはずだ。
我が家の子供たちもりんご病をはじめ、一通りの感染症を経験している。 
一度罹れば免疫ができて二度と罹らないモノもあれば、溶連菌感染症のように何度も罹ってしまうモノもあるが、りんご病はどうだろうか。

りんご病という言葉は通称で、前述の通り正式名称は「伝染性紅斑」という名前であるが、一般的にはりんご病で通用するだろう。
たしかにりんご病の名前の通り、ほっぺたが鮮やかに真っ赤になっていたが、本人は熱が出るわけでもなくケロリとしていたのを記憶している。

カテゴリ: プチレア情報