健康を呼び込むために、ちょっぴり役立つプチ情報を紹介しています

りんご病に注意したい妊婦の感染の掲示板です

テレビ番組で大反響!大幅減量ダイエット
テレビ番組でエルセーヌの技術力を証明!
ダイエット番組でエルセーヌが大幅減量をサポートしました。

りんご病をはじめとして水疱瘡やおたふく風邪、溶血性連鎖球菌(溶連菌)感染症など子供が罹る感染症は多い。
子供の場合、熱すら出ないが、大人がりんご病に罹ると高熱が出るそうなので注意したい。りんご病は子供特有の感染症として認知度は高く、子供をお持ちの親御さんなら耳にしたことがあるだろう。

りんご病は子供に限らず、大人と妊婦にとっては気をつけなければならないが、もっと詳しく知りたい方は医学サイトや病気関連のサイトなどを覗いてみてはいかがだろうか。
さらに妊娠初期・中期の妊婦がりんご病に罹ると、胎盤を介して胎児にも感染して、心不全や胎児水腫になってしまうことがあるそうだ。
りんご病の感染経路は学校や幼稚園・保育園での飛沫感染だ。
園児や就学児の子供は集団生活をしているので、どうしてもりんご病などの感染症には罹ってしまう。
りんご病は学校や幼稚園・保育園での飛沫感染が主な感染経路であるから、避けては通れないとも言えるだろう。
一番大切な事は、大人がまずりんご病に関しての正しい知識を獲得することだろう。
妊婦がりんご病に罹った場合、重い症状が出たり、胎児にも影響があるので注意したいが、大抵は自分の子供が感染経路だったりするので防御が難しい。
感染経路を把握して、「ヒトバルボウイルスb19」というウイルスが原因のりんご病を知ることが大切になってくる。
りんご病の対策は、ウイルスが原因なので基本的にはインフルエンザの対策と同じだと思って良いかもしれない。
具体的には、じぶんの子供が通う学校や幼稚園・保育園で、りんご病が流行ってきたという情報を得たら、子供も妊婦の自分も手洗いやうがいの励行、マスクの装着などだろうか。
確率は低いが、大人や妊婦も罹るりんご病には、正しい知識と対策で対処したい。

カテゴリ: プチレア情報