健康を呼び込むために、ちょっぴり役立つプチ情報を紹介しています

慢性疲労症候群のポイントなんです

テレビ番組で大反響!大幅減量ダイエット
テレビ番組でエルセーヌの技術力を証明!
ダイエット番組でエルセーヌが大幅減量をサポートしました。

それだけでなく、慢性疲労症候群と似ているけれど、まったく違う病気もあることに気がつきました。
とても疲れやすく、何もやる気がおきないような感じがずっと続いているので、友人に相談したら「慢性疲労じゃない?」と言われました。
そして、これらの慢性疲労症候群の症状は、うつ病の症状にもあてはまるのです。
慢性疲労は、「日常生活に支障をきたさない程度の疲労感が半年以上続く」となっています。
特に「医学的に説明がつかない疲労感」というのが、慢性疲労症候群の特徴のようですね。

慢性疲労症候群は、この強い疲労感に加え、たくさんの症状が表れるともありました。
筋肉痛や関節痛、頭痛や睡眠障害、などが慢性疲労症候群としてあるようです。
ところが別の友人からは、慢性疲労症候群だったら大変だから病院に行かないと、と忠告されたので心配になってきました。
ネットで調べてみて、慢性疲労とその症候群の違いがなんとなく分かりました。
慢性疲労も、その症候群も、強い疲労感が続くところはそっくりです。慢性疲労とその症候群は、どう違うのでしょうか。
また、慢性疲労症候群の症状だと思っていたのが、うつ病の症状だったということもあるそうなのです。
ただの慢性疲労とその症候群の違いを調べるため、ネットでいろいろ検索してみました。
自律神経失調症の頭痛、のどの圧迫感、倦怠感、疲れやすい、めまい、などの症状は、慢性疲労症候群とそっくりです。
自分が慢性疲労症候群かもしれないと思ったら、とりあえず病院に行ってみるのが良さそうですね。
慢性疲労症候群ではないかもしれないと思ったら、思い切って心療内科もいいようです。
たとえば、自律神経失調症の症状も、慢性疲労症候群と似ています。

カテゴリ: プチレア情報