生活が豊かになるような趣味に関するプチ情報を集めています。

カップ酒ブログです

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

しかしながら、そのカップ酒は最近になって新たな層に受け入れられつつあるということをご存知の方はいらっしゃるのでしょうか。
カップ酒は、発売以来、色々なメーカーのものが日本酒好きに飲まれ、常にある程度の人気があったように思います。
そしてその問題を解決するために、カップ酒のイメージ転換を図ったわけです。
カップ酒イコール中高年、そして男性が飲んでいる。
こうしたイメージが、つい最近までカップ酒の中に存在した、そういう感があります。
酒造メーカーは、伸び悩む日本酒の需要を拡大するためにこうしたイメージを払拭することを迫られていた、のだと思います。
ところが、最近人気を博しているカップ酒には、今まででは考え付かなかったような人たちによって支持され、しかもかなりの人気を博しているということだから驚きなわけで。
カップ酒のイメージ転換という大きな戦略も、やはりピンチが産み出したわけですね。
ピンチはチャンスというわけで、カップ酒がどうして人気になったのかということを考えるにしても、そこに何か問題があったということでしょう。
悪い言い方をすれば、若い人にカップ酒が受け入れられなかったわけは、そうした中高年的なイメージがまとわり付いていたからということ、なのかも知れません。
けれども、やはりその主なカップ酒愛飲者たちは、ある程度の年齢の方が多いというイメージがあります。

カップ酒は、若者にうけいれられるようになりました。
もともと手頃な価格設定など、若者が手に入れやすい要素がカップ酒にはあったのです。
それを生かす形で、パッケージングなどにも力を入れ、手頃で可愛いサイズのお酒という、新しいイメージが産み出されていったということでしょう。
事実、中高年の方が昔ながらのカップ酒を、行楽地などで飲んでいる様子を何度か見たことがありますから、あながち間違っているとは思いません。

カテゴリ: プチレア情報